絶耐撥水

絶耐撥水

洗濯しても、水を弾く力が持続する「絶耐撥水」。

「撥水」とはウェアの表生地の水を弾くこと。「絶耐撥水」は、強力な撥水性能で雨などの水滴を水玉のように弾くのはもちろん、特殊な製法で撥水剤の吸着力を高めることにより、これまで難しかった耐洗濯性も実現しました。洗濯などのメンテナンスを定期的に行うことで、より長く使用できます。

「防水」とは

「防水」とは、一般的に生地の隙間をうめて、水を浸入しにくくする加工です。「撥水」よりも、外部の水を入り込みにくくする一方、ウエア内で体から出る水蒸気も通りにくくなるため、長時間の運動ではムレることがあります。

「撥水」とは

「撥水」とは、生地についた水を弾き、ウエア自体を湿りにくくする加工。水が生地表面で水玉のようになるのが特徴です。ただ、「防水」のように生地の隙間をうめるものではないので、長時間の多量の水にはしみることもあります。

耐洗濯性の目安

洗濯してみました

定期的なメンテナンスで、ウェア長持ち。

撥水性を維持するためにはウェアの汚れをそのままにせず清潔に保つことが大切です。「絶耐撥水」は洗っても撥水性能が落ちにくいので、定期的に洗濯して汚れを落とすことができます。洗濯する際には、始めに必ず取扱表示を確認し、表示に従って行ってください。それにより、撥水性の維持や回復につながり、ウェアを長持ちさせることができます。

メンテナンスの目安は、表面の水滴。

撥水性が保たれているときは、雨などが水玉のようになって表生地をスルスルと流れ落ちます。しかし、表面に汚れが付着すると、撥水性が低下し、ベタッと濡れた状態になることがあります。この場合もウェアの内部に水が侵入しているわけではありませんが、洗濯して汚れを落とすことで撥水性を回復することができます。

「絶耐撥水」の機能性を長く、快適に実感していただくために、正しく使用しましょう。

保管するときは、必ず洗濯してから。

より長持ちさせるために、保管するときには、必ず洗濯して汚れを落としましょう。収納ケースなどに入れたままにせず、清潔な状態でハンガーに吊るすなどすると生地への負担が少なくて済みます。また、屋外の収納小屋や車のトランクなど、高温多湿な場所を避けるようにしてください。